dラインジェル

整形手術は怖い。でも、二重が欲しい方に。

自然できれいな二重まぶたはDラインで決まります、旅行先で撮影した自分の写真を見て「目がちっさ……」と思ったことがある人なら、一度はタレントやモデルのようなおっきな目にあこがれたことがあるはず、「ミセルD−ライン」でパッチリした二重まぶたを手に入れちゃいましょう。

 

 

最近流行のメイクはとにかく自分の目を大きく見せるのがポイントです、そのためには顔の印象がボンヤリして見える一重まぶたよりも、目元クッキリの二重まぶたの方がポイントが高いのは当然のことです。

 

 

でも、いちいち出かけるたびにアイプチを貼り付けて二重まぶたを作るのは面倒だし、だからと言って高額な費用が掛かる美容整形で顔にメスを入れるのはちょっと怖い、そんな人には「ミセルD−ライン」で手軽に自然な二重ラインを作るのがおすすめです。

 

 

ここでお話しているDラインとは(double-eyelid line)の略称で、一般的にはまぶたを閉じたときにできる線のこと、つまり二重まぶたができるであろうラインのことをこう呼んでいます。

 

 

このDラインの位置によって目を開けた時に出来る二重まぶたのラインが決まってきます。

まぶたのクセそのものを補正するので自然な仕上がりです!

つまり、Dラインのバランスが悪いと、いくらくっきりした二重まぶたになれたとしても、左右の目の大きさがアンバランスになってしまったり、きれいな二重まぶたが出来なくなってしまうんですね。

 

 

「ミセルDラインジェル」に含まれている特殊なジェルの働きで、まぶたについていた悪いクセをきれいに取り除いてくれるので、自分の理想の二重ラインを作ることができます。

 

 

しかも、自分の本来の目の大きさよりも大きくしたり、はっきりしない奥二重まぶたをパッチリさせることもできるし、左右の目の大きさが不揃いでもきちんとバランスを整えることができちゃいます。

 

 

「ミセルDラインジェル」の良いところは何度でもやり直すことが可能なところ、と言うのは国際的に有名なメイクアップアーティストの晴美クロフォードさん、美容とメイクの専門家だからこそ「ミセルD−ライン」の良さが分かるのですね。

 

 

「ミセルDラインジェル」は一度作った二重まぶたを何度でも作り直すことができるので、指先が器用でない女の子でも何度でもトライすることができます、しかも、仕上がりが自然で自分からカミングアウトしなければバレないほどです。

 

 

そして「ミセルDラインジェル」がどうしてこんなに人気があるのかと言うと、やっぱり二重まぶたが定着するまでの時間が短いことでしょう。

 

 

速い人なら7日間で、平均でも2週間程度で自分だけの二重まぶたを手に入れることができるのが「ミセルD−ライン」のうれしいところですね。

 

>>ミセルDラインジェル公式サイトはこちらから<<